• 穴をあける
    • フラットファイル
      • 厚紙を折った台紙に、合成樹脂製のバンドが付いていて、金属もしくは樹脂製の留め具を固定。閲覧性や、書類の追加などのランダムアクセス性には欠けるが、安価で大容量まで許容。
    • リングファイル
      • リングで固定したもの。薄いものは○型、厚いものはD型。ロック付きや無しのものがある。閲覧性や書類の追加は良好。ロック無しのものは自重で脱落の恐れがある。リング途中にクリップを追加することで、脱落防止を計ったものも。
    • パイプファイル
      • 本のパイプとバーの付いた留め具の組み合わせ。リングほどでないが、ランダムアクセス可能。よく知らないが、リングファイルより頑丈なため保存にいいのかもしれない。
  • 穴をあけない
    • クリアホルダー
      • 多ページのクリアファイルと区別するために、クリアホルダーと書いたほうがいいかな。
    • Z式ファイル
      • 留め具をバネで押さえる。当然、重量過多だと脱落。閲覧性にはやや難。
    • スライドファイル
      • 合成樹脂製の二つ折りのカバーを、弾力のあるクリップをスライドさせて挟む。5〜10枚程度の資料を配布するときにステープラーやゼムクリップ、ダブルクリップで固定するより見栄えがする。上下にスライドさせる方式以外に、背の中心部分に左右に動くクリップが備え付けられていて、それで挟むものもある。
  • フォルダー
    • フォルダー
      • 二つ折りにしたインデックス付き厚紙が基本。通例、ファイルボックスとかキャビネットと併用する
    • ハンギングフォルダー&ハンガー
      • 引き出し等にレールが設置、もしくは引き出しの側板がレール準拠となっていて、ノッチ付き金具からフォルダがぶら下がる。通常のフォルダよりファイルボックス内での閲覧性に富む。