小型自作PCの終焉

今、価格コムでマザボを調べると691製品。
5月以降でも14製品が出ている。
ところが、Mini-ITXに絞ると(EPYC積んだ変態マザボ、18万円のEPYC3251D4I-2Tを除くと) 2023/10/04の
ASRock B650I Lightning WiFi ¥33,590が最新で、その前が6月の  GIGABYTE A620I AX [Rev.1.0]¥25,899。5月のBIOSTAR B760T-SILVER ¥24,800と ASRock N100DC-ITX ¥22,977が出ているが、その前は1月のASUS ROG STRIX B760-I GAMING WIFI  ¥28,550 などB760マザボ3機種。その前は2022年12月のB650やZ790に遡ってしまう。

まあ二極化が進み、ハイエンドゲーミングはRTX4060tiの3ファンなんかが必須になりローエンドはスマホでいいじゃん、みたいなのになってるんだろうな。どうせ3スロット占有3ファン要800W電源のグラボに、240mmラジエターのCPUならマザボフォームファクターなんて誤差ってことか*1





ATX:225
mATX:201
Mini-ITX:103

*1:とはいえ、mATXもH610とかB760のお値打ち仕様が多いな