社会の脆弱性

図書館

ツタヤ図書館、ダミー本3万5千冊に巨額税金…CCC経営のカフェ&新刊書店入居
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18386.html

取材を進めてみると、周南市の新図書館建設プロジェクトには、国から巨額の補助金が投入されていることがわかった。

 国土交通省管轄の「都市再生整備計画事業」がそれで、市議会関係者によれば、土地代と既存建物解体費用を除いた総事業費約33億円のうち半額の16億5000万円が国の補助金だという。その施設の半分の空間を占める図書館には、少なくとも約8億円以上の国費が投入されているとみられている。

普段から、「図書館」には地方自治体の公費が投入され、場合によっては国から補助金が出るが、図書館を「有名無実」化し、本はCCCの在庫処分のジャンク本とダミー本、場所はCCCのカフェ、そんで自治体からはCCCに天下り
「参考書10冊買うから、一万円くれ」って金をせびって、新品の参考書1冊と、古本屋のワゴンでタダ同然の古参考書を9冊、残りでゲーセンで使い果たす的なものはある。

uber

白タクも ネット経由で 非営利に (日本では無理)

Air BnB

物件は「個人」向け、業態は「営業」、責任は「個人」という、いいとこ取りを狙ったもの。なんていうか、AmazonとかYahooとかGoogleとか、そういうレベルだと、クレームには馬耳東風なので、やったもん勝ちっていう怖さはある。

宅配便

販売者の倉庫も、問屋の倉庫も、配送業者の倉庫も高額。配送トラックに乗っけて、グルグルしておけば地価は無料!
だと思ってる。

路上販売者

街で店を借りると高い。その点、路駐なら無料!
(もっとも、最近見たのは、ビルの駐車スペースに停めてある例のみだった)

ネトオク

故買屋 ネット経由で 無免許で
ネトオク自体は、脆弱性とまではいえないかもだが。

チケット売買

ダフ行為 ネット経由で 合法に