"差別構造の自己強化"

さっき考えたキャッチフレーズ。

差別群の上位者は、差別者たる位置に付くための努力を以て地位と差別を擁護し、差別者に適応した被差別群も同様。そんで、
差別解消運動は、そこから零れ落ちる(と感じる)差別群の負け組からの抵抗も受ける。個々の構成員が差別構造に適応することが差別構造をより強固なものにするんだ。しないかも。