犯罪の要件を決めること

 何をもって犯罪か、そうでないかを決めることは、実は結構重要で、意図・行為・結果、どれに着目するかというのは割と恣意的だったり。あ、法律に関する知識がある人なら、もっと正確に記述できるとおもうけど。「殺人」という犯罪を構成するには、殺意(や、未必の故意)(を立件すること)が必要になる。人が死んでんねんで*1みたいに叫ぶのもいいけれど、あなたや、あなたの周囲の人が、交通事故や製品トラブルで誰かを死に至らしめたとき、「殺人罪」を引き受ける覚悟があるのだろうか。
 サイエンスとか、統計とか、論理ではなくて、恣意的に「主体の隔離」を叫ぶと、あなたも、(中略)のドアを叩いた瞬間に、予防拘禁される時代がくるかもよ。

 

*1:何語?